<注意喚起>クレームを頂きました。

特に一般公共の場で、ライトスタンドを立てて撮影したりする方は
(長文なので)お時間ある時にでも、一読して頂ければ幸いです。

さて、突然ですが
とある公園の管理事務所よりクレームを頂きました。
一般の来園者の方から、公園の管理事務所へクレームが入り、管理事務所から連絡を
頂きましたので、放置も出来ず、この場を借りて少しお話しさせて頂きます。

クレーム内容はといいますと、
「園内で大掛かりな撮影設備を使用し、長時間同じ場所を占有し、女の子を撮ってる人がいて
非常で邪魔で迷惑」という内容でした。
→撮影会時にライトスタンドを立て、オフストロボで撮影していた事を指していると思われます。

まず、管理人の管理不行き届きです。
申し訳ございませんm(__)m

ただ、
本件、「皆さん、撮影時は周囲に配慮をお願いします。」

・・では、多分、こういったクレームはなくならないので、少し掘り下げます。

まず、前提として・・

・ライトスタンドを立てたり、レフを使っての撮影は「一般的な公園の使用方法」からは外れているという事実
→これは、撮影許可を貰う為に、公園等、設備管理者に問い合わせる事が多い管理人が身を持って感じる壁です。一般的でないので、許可出来ないって返事をよく貰います。

つまり、一般の公共の場で、スタンド立てて撮影なんてのは、のっけから批判的な目にさらされているという、認識を持つ必要があります。
撮影許可を貰ったとしても、一般の方々が優先で、その妨げとなってはならんってのが鉄則です。
どんなにデジタルカメラが普及したとはいえ、写真を趣味にしている人より、そうでない人の方が
圧倒的に多いのです。
お友達は皆カメラ繋がりって人には、わかりにくいかもしれませんが。

ですから、周囲には最大限の配慮が必要となります。

自分の視界に他者が映らずとも、先方は遠めに撮影者を見つけており、
あそこを通りたい、あそこに行きたいと思っても、邪魔だから、自分が我慢する・・・って事が往々に起こりえます。

以前、神社の参道にスタンドを立て、その周りに5人くらい、固まって女の子を撮っていたグループに遭遇した事がありますが、参道を歩く管理人が近づいても誰一人、すみませんと道をあける事もなく、女の子撮るのに夢中で、やはり激しく邪魔でした。

最近は場所問わず、ライトスタンドすえて、小一時間その場を離れない人とかよく見かけます。
これって、結果的に自分の首絞める事になります。
一般の方々から、クレームが入れば、いずれ撮影に何らかの規制が入る事になりかねません。

撮影に夢中になって、自分が他者に冷ややかな目を向けられているって事に気付かない事が多いです。
長時間、その場を占有していないか?
自分の撮影スタイルを今一度見つめ直していただければと思います。

撮影に興味ない人からしてみたら、行く手を遮られただけで邪魔な存在です。
一般的な公園の楽しみ方でないって思われている以上、こっちが気を使って上手くやっていくしかないです。

自分が常に他人の邪魔してるかもって意識を持って、
数カット撮ったら周りを見渡す、数カット撮ったら周りを見渡す。
モデルに自分の後ろに人が見えたら教えてくれるよう、伝えておく。
公共の場で写真撮るってそういう事です。

一般の方から、「邪魔です、迷惑です!」ってクレームが入りました。
確かに管理人もそこは邪魔だろ?って場所にスタンド立てて撮影されている方、
同一箇所を長時間占有して撮影されている方を最近、よく見かけますので、
こういったお話をさせて頂きました。

御耳障りな点はご容赦をm(__)m

 

 

Share this Post: